Office 365でオフラインで作業できますか?

MicrosoftのOffice365サブスクリプションベースのプランでは、サインアップするためにインターネットアクセスが必要ですが、オフラインでもWord、Excel、PowerPoint、およびその他のOfficeアプリケーションを使用できます。マイクロソフトは、Office 365を最初にアクティブ化したときに、市販のプログラムを購入した場合と同じように、最新のOfficeアプリのデスクトップバージョンをコンピューターにインストールします。ただし、サブスクリプションを維持し、アプリが非アクティブ化されないようにするには、30日ごとにオンラインにする必要があります。

オンラインドキュメントへのアクセス

オフライン中に見逃す可能性のあるOffice365の機能の1つは、クラウド内のドキュメントにアクセスする機能です。通常、Office 365は、OfficeドキュメントをMicrosoftのクラウドストレージサービスであるOneDriveに自動的に保存します。コンピューターをオフラインにする前にOneDriveと同期することで、この障害を克服できます。コンピューターを同期すると、OneDriveに保存されているドキュメントがハードドライブに保存されるため、オフラインでもアクセスできます。次回インターネットに接続すると、オフラインで編集したドキュメントが自動的にOneDriveにアップロードされます。