運用効率の意味は何ですか?

運用効率には、最も費用効果が高くタイムリーな方法で高品質の商品を顧客に提供するという基本的な目標を達成するために使用されるいくつかの戦略と手法が含まれます。リソースの利用、生産、流通、在庫管理はすべて、運用効率の一般的な側面です。最も重要な要素は、製造、流通、小売などのビジネスの性質によって異なります。中小企業は、規模の経済とベンダーとの交渉力を備えた大企業と競争するために、並外れた効率性を備えている必要があります。

リソースの活用

リソースから最大の価値を引き出し、生産と運用における無駄を排除することは、運用効率の考慮事項です。労働の観点から、あなたはあなたの従業員から可能な限り多くの生産または販売結果を得たいと思っています。また、可能な限り最高の収益を生み出すために、財務投資と運用で使用される材料が必要です。売上原価と諸経費の効率を達成することは、高い利益率を構築するための重要な側面です。

製造

製造会社にとって、効率的な生産は運用効率の主要な要素です。これには、設備、製品プロセス、および従業員の出力を最適化して、投資した時間とお金で可能な限り多くの高品質の製品を生産できるようにすることが含まれます。製造業者は、多くの場合、無駄のない生産ステップを特定して、収益を生み出さない活動や作業ステップを排除するために、リーン生産方式のトレーニングに投資します。効率的な生産を達成することは、製造業者が流通業者への販売でより大きなマークアップを得るのを助け、最終顧客が良い価値を得ることを確実にします。

分布

流通効率は、製造業者、卸売業者、小売業者にとって重要です。実際、多くの流通チャネルパートナーは、サプライチェーン管理を通じて流通効率において協力しています。これには、製造業者から卸売業者へ、および卸売業者から小売業者へ商品を移動するための最も効率的な方法を見つけるためのソフトウェア主導の分析が含まれます。効率的なルーティングと配信スケジューリングは、効率的な配布の一般的な側面です。一部の企業は、無駄や非効率性を排除するために他の方法で創造的になります。競合していない会社は、たとえば、同様のルートで商品を移動する場合に満員に満たない荷物を避けるために、トラックのスペースを共有する場合があります。

在庫管理

すべての流通チャネルメンバーにとって、在庫管理は運用効率の鍵となります。ジャストインタイム在庫の概念は、多くの流通チャネルで一般的になっています。製品の再販業者は通常、当面の需要を満たすのに十分な在庫を生産または保持したいだけです。過剰な在庫は、場合によっては、管理、移動、廃棄に費用がかかります。したがって、製造業者は需要を満たすのに十分な商品を生産する際に注意を払う必要があります。再販業者は、近い将来に販売する予定の商品のみを購入したいと考えています。ただし、これは微妙なバランスです。製品を使い果たして顧客を遠ざけたくないからです。