Excelで残余を行う方法

線形回帰モデルは、別の相関変数の値に基づいて1つの変数の結果を予測します。Excel 2013は、このデータを比較して、回帰方程式によって定義される相関関係を判断できます。この式は、最初の変数の実際の値に基づいて、2番目の変数の期待値を計算します。ただし、実際の値はおそらくこの期待値から外れています。この差は残差と呼ばれます。偏残差プロットは、方程式の有効性を視覚的に表示するために、最初の変数に対してこれらの値をグラフ化します。

1

最初の変数のデータを列Aに入力し、2番目の変数のデータを列Bに入力します。例として、セルA1からA15に適性テストのスコアを入力し、セルB1からB15に売上合計を入力します。

2

両方のデータセット上でマウスをクリックしてドラッグし、すべての値を強調表示します。この例では、セルA1からB15を強調表示します。

3

[挿入]タブをクリックし、[グラフ]グループから[散布図(X、Y)またはバブルチャートを挿入]を選択し、最初の[散布図]オプションを選択して散布図を作成します。

4

[デザイン]タブの[グラフ要素の追加]、[近似曲線]、[その他の近似曲線オプション]の順にクリックします。

5

「線形」を選択したままにして、「グラフに方程式を表示する」をチェックします。「トレンドラインのフォーマット」サイドパネルを閉じます。

6

グラフに表示される数式をセルC1に入力しますが、「X」を「A1」に置き換えます。例として、表示される数式が「y = 362.46x + 26259」の場合、セルC1に引用符なしで「= 362.46 * A1 +26356」と入力します。これにより、予測値が計算されます。

7

セルをもう一度クリックし、セルの右下にある小さな黒い「フィルハンドル」をダブルクリックします。そうすることで、最後のデータエントリに到達するまで、列の残りの部分にデータがコピーされます。

8

セルD1に引用符なしで「= B1-C1」と入力して、残差、または実際の金額からの予測値の偏差を計算します。

9

セルをもう一度クリックし、「Fill Handle」をダブルクリックして数式をコピーし、各データエントリの残差を表示します。列Dのデータは強調表示されたままになります。

10

「Ctrl」キーを押しながら列Aのデータを強調表示します。この例では、セルA1からA15およびD1からD15が強調表示されているはずです。

11

[挿入]タブをクリックし、[グラフ]グループから[散布図(X、Y)またはバブルチャートを挿入]を選択し、最初の[散布図]オプションを選択して残差プロットを作成します。ドットがゼロベースラインにしっかりと付着している場合、回帰方程式はかなり正確です。ドットが乱雑に散らばっている場合、回帰方程式の有用性は限られている可能性があります。