会社の倫理方針

倫理は、大小の企業から始まります。所有者や経営者が信頼できると認識されておらず、モラルが低い場合、従業員はそれに倣い、倫理も欠如します。倫理方針には、所有者と経営幹部を含める必要があります。そうしないと、役に立たなくなります。従業員は、所有者が法律を回避し、数ドルを節約するために嘘をついているのを見ると、それを適切な行動として認識します。ビジネス倫理は会社の全員を巻き込み、価値のある努力です。顧客が一度詐欺された場合、彼はその会社に戻ることはありません。倫理がなければ、ビジネスは長く存続する可能性はありません。

意義

倫理的方針を策定する主な目標は、良い評判を築くことです。人々は、彼らを利用して不正に行動する会社ではなく、評判の良い会社と取引することを好みます。良い評判はビジネスの最高の資産であり、保護する必要があります。スキャンダルに悩まされている会社と取引したい投資家や顧客はいない。それが失われると、信頼と評判を取り戻すことは、不可能ではないにしても、難しいことです。倫理方針は、会社のすべての従業員と所有者をインラインに保つのに役立ちます。

倫理規定

会社の倫理規定は、取締役会や執行役員を含むビジネス上の問題について従業員にガイダンスを提供します。ダウジョーンズ独自の倫理規定は次のように述べています。「この規定の中心的な前提は、高品質の製品とサービス、ビジネスの完全性、および出版物、サービス、製品の独立性と完全性に対するダウジョーンズの評判が言い換えれば、ニュースおよび情報ビジネスで成功するための必須の前提条件は、お客様が私たちが真実を語っていると信じていることです。私たちが真実を語っていない場合、または正当な理由がある場合でも、 、私たちがそうではないと信じてください。そうすれば、ダウジョーンズは繁栄できません。」

利点

倫理的行動に関する方針は、従業員を監督するために常に経営陣が立ち会う必要なしに、職場で何が正しく、何が受け入れられないかについて具体的なアイデアを従業員に与えることにより、ビジネスの運営に役立ちます。倫理方針は、会社のすべての従業員が正しいことを行い、常に高い基準で行動するためのガイドラインです。優れた倫理方針は、信頼と透明性に基づいた優れた文化を生み出します。彼らは道徳的な行動を促進し、幸せな従業員が戻ってくる幸せな顧客を開発するので、顧客にも利益をもたらします。

考慮事項

企業の倫理方針は書面で行う必要があります。多くの企業は、倫理規定をオンラインで投稿しているため、行動基準があり、それが彼らにとって重要であることを誰もが知っています。ポリシーは、適切な文法とスペルを使用し、略語やあいまいな単語を使用せずに、明確な形式で作成する必要があります。ポリシーは明確で読みやすく、従う必要があります。ポリシーに基づいて、手順が作成されます。

警察は一般的ですが、手続きはより具体的です。たとえば、ポリシーは給与に関するすべての法律と規制に従うことであり、このポリシーに関連する手順は、毎週所定の日時に給与情報を給与処理者に送信することです。

上場企業会計改革および投資家保護法

エンロンの金融スキャンダルの後に作成された2002年のサーベンスオクスリー法により、倫理に焦点が当てられるようになりました。この法律の目標は、企業をより高い水準の行動に導くことでした。

中小企業には、サーベンスおよびオクスリー法第406条-上級財務責任者の倫理規定を採用することをお勧めします。このセクションでは、上級管理職が倫理に基づいた正直な行動基準を持っている必要があります。中小企業は、この法律に準拠し、経営幹部やその他の企業に公式の倫理方針を設定することで、投資家や銀行家にとって専門的で魅力的に見えるようにすることができます。