ルーターでインターネットをブロックする方法

インターネットアクセスは多くの企業にとって重要なツールですが、従業員が通常の職務を遂行する代わりにインターネットの閲覧に多くの時間を費やすと、有害になる可能性もあります。場合によっては、特定のコンピューターからのインターネットアクセスを制限したり、営業日の一部でインターネットへのアクセスを完全にブロックしたりする必要があります。コンピュータごとに実行できるサードパーティのソフトウェアソリューションとオペレーティングシステムの調整は多数ありますが、代わりにネットワークルーターの組み込みの制限機能を使用する方が一般的に安価で効率的です。

1

ルーターの管理構成ページにログインします。これには通常、ネットワーク上のルーターのIPアドレスを入力することでアクセスしますが、一部のルーターでは、専用のソフトウェアを使用してアクセスすることもできます。

2

管理構成ページの「インターネットアクセスポリシー」、「ペアレンタルコントロール」、または「クライアントIPフィルター」セクションを見つけます。これは、管理設定ページのファイアウォールセクションの下にある可能性がありますが、ルーターの製造元によってアイテムのグループが異なる場合があります。適切なリンクをクリックしてページにアクセスし、必要に応じて管理者パスワードを入力します。

3

新しいポリシーを作成するか、ブロックが影響するネットワークIPアドレスの範囲を入力します。すべてのコンピューターにはIPアドレスがあるため、特定のIPアドレスまたはアドレスの範囲を入力すると、影響を受けるコンピューターを制御できます。設定ページの構成方法によっては、ポリシーがインターネットアクセスを許可するのではなく、ブロックするように指定する必要がある場合もあります。

4

時間枠を設定するか、ブロックを常にアクティブに設定します。特定の種類のトラフィックの通過を許可するのではなく、すべてのインターネットトラフィックを防止するように、TCPとUDPの両方に影響を与えるようにブロックを設定します。

5

適切なボタンをクリックして、ポリシーを保存するか、IP設定に変更を適用します。保存する前に、特定のポリシーまたはIPブロックを「有効」または「アクティブ」としてマークする必要がある場合もあります。

6

コンピューターまたは影響を受ける別のコンピューターからインターネットにアクセスして、ブロックをテストします。特定のコンピューターを特に除外しない限り、ブロックはネットワークに接続されているすべてのコンピューターに影響します。それでも影響を受けるはずのコンピューターからインターネットにアクセスできる場合は、設定を再確認して、ブロックが有効になっていることを確認してください。

7

管理設定画面に戻り、ポリシーを無効にするか、IPブロックを削除して、ブロックを無効にします。