トランスフォーメーショナルリーダーシップの4つの要素

組織は、チームまたは組織を前進させるために、マネージャーまたはグループリーダーをトレーニングする際のリーダーシップの概念を強調しています。リーダーシップの中で、トランスフォーメーショナルリーダーとトランザクションリーダーの有効性がしばしば議論されます。トランザクションリーダーシップは、「ギブアンドテイク」の理解に依存します。これにより、部下は、何らかの報酬と引き換えにリーダーに対する義務感を持ちます。

一方、トランスフォーメーショナルリーダーシップ理論には、リーダーとそのフォロワーの間の献身的な関係が含まれます。セントトーマス大学によると、トランスフォーメーショナルリーダーシップは1973年にジェームズバーンズによって最初に造られました。1985年、産業心理学者のバーナードベースは、トランスフォーメーショナルリーダーシップの4つの要素を特定し、執筆しました。

リーダーの理想的な影響

カリスマ性は、最も簡単に特定できるトランスフォーメーショナルリーダーシップの特徴の1つです。Ronald E RiggioPhDがPsychologyTodayで説明しているように、これは前向きなロールモデルの一部であり、他の人がリーダーのようになりたいと思うように影響を与えるカリスマ的な性格を示しています。理想化された影響力は、リスクを冒し、彼がとる行動において価値観、信念、倫理原則のコアセットに従うというトランスフォーメーショナルリーダーの意欲を通じて最もよく表現できます。リーダーがフォロワーとの信頼を築き、フォロワーがリーダーへの信頼を築くのは、この理想的な影響力の概念を通じてです。

インスピレーションを与える動機と自信を刺激する能力

インスピレーションを与える動機付けとは、フォロワーの自信、動機付け、目的意識を刺激するリーダーの能力を指します。変革のリーダーは、将来の明確なビジョンを明確にし、グループの期待を伝え、提示された目標へのコミットメントを示さなければなりません。トランスフォーメーショナルリーダーシップのこの側面には、リーダーが正確、力、権威の感覚でメッセージを伝えなければならないため、優れたコミュニケーションスキルが必要です。リーダーの他の重要な行動には、彼の継続的な楽観主義、熱意、そして前向きなことを指摘する能力が含まれます。

知的刺激と創造性

トランスフォーメーショナルリーダーシップは、リーダーのフォロワーの間で創造性と自律性を重視します。リーダーは、フォロワーを意思決定プロセスに関与させ、解決策を特定するために可能な限り創造的かつ革新的であるように彼らの努力を刺激することによって、フォロワーをサポートします。

この目的のために、トランスフォーメーショナルリーダーは、批判することなく、仮定に挑戦し、フォロワーからアイデアを求めます。彼女は、フォロワーの考え方を変え、問題や障害を組み立てるのに役立ちます。リーダーが伝えるビジョンは、フォロワーが全体像を把握し、努力を成功させるのに役立ちます。

グループメンバーの個別の検討

各フォロワーまたはグループメンバーには、特定のニーズと要望があります。たとえば、お金に動機付けられている人もいれば、変化と興奮に動機付けられている人もいます。トランスフォーメーショナルリーダーシップの個別の考慮要素は、これらのニーズを認識しています。リーダーは、盗聴や観察を通じて、各個人の動機を認識または決定できなければなりません。

トランスフォーメーショナルリーダーは、1対1のコーチングとメンタリングを通じて、チームメンバーごとにカスタマイズされたトレーニングセッションの機会を提供します。これらの活動により、チームメンバーは成長し、それぞれの立場で充実することができます。