Wordで写真に透かしを入れる方法

Microsoft Wordでは、透かしなどの小さなタッチを多数追加して、ドキュメントの外観を向上させることができます。ただし、Word文書に挿入する写真には組み込みの透かしオプションはありません。回避策として、図形の内側に画像を配置し、画像の透明度を調整して、ドキュメント内の写真の透かしとして使用します。

形状の配置

  1. 画像付きのWord文書を開く

  2. 透かしを入れたい画像のあるWord文書を開きます。

  3. 画像を探す

  4. 画像を見つけて、ウィンドウの上部にある[挿入]タブをクリックします。

  5. 長方形の形状を選択します

  6. イラストグループの「形状」オプションをクリックし、ドロップダウンメニューから長方形の形状を選択します。

  7. 写真の上に長方形を配置します

  8. クリックしてドラッグし、写真の上に長方形を形成します。写真の正確なサイズである必要はありません。サイズは後で調整できます。

形状のフォーマット

  1. 長方形のオプションを選択します

  2. 長方形をクリックしてから、[フォーマット]タブにある[形状スタイル]グループの[形状のアウトライン]オプションをクリックして、ドロップダウンメニューを開きます。そのメニューの「アウトラインなし」オプションをクリックします。

  3. 透かし画像を選択

  4. 同じくShapeStylesグループにある「ShapeFill」オプションをクリックして、ドロップダウンメニューを開きます。そのメニューの[画像]をクリックし、表示されるウィンドウを使用して、透かし画像ファイルに移動して選択します。

  5. シェイプを右クリックします

  6. 透かしが入っている図形を右クリックします。

  7. 「色と線」タブを選択します
  8. [図形の書式設定]をクリックして、表示されるウィンドウで[色と線]タブを選択します。

  9. OHPフィルムを調整する

  10. 「透明度」という単語の下にあるスライダーを調整して、画像の透明度を変更します。必要な正確な透明度は特定の透かしによって異なるため、適切な設定が見つかるまで少し実験する必要があります。または、ボックスに「透明度」という単語でパーセンテージを入力します。

  11. 「OK」をクリックします
  12. 必要な透明度設定を選択したら、「OK」をクリックします。これで、画像は写真上で部分的に透明になり、透かしのように見えます。

  13. ヒント

    透かしを長方形に挿入すると、アスペクト比が正しくない可能性があるため、透かしが引き伸ばされたように見えます。これに対する1つの解決策は、角をドラッグして手動で形状を調整することです。もう1つの方法は、[フォーマット]タブの[サイズ]グループ(画像ツール内)に高さと幅をインチ単位で入力することです。

    長方形が大きすぎたり小さすぎたりする場合がありますが、アスペクト比が正しくなったら、[サイズ]グループの右下隅にあるダイアログボックスランチャーをクリックし、ダイアログボックスの[サイズ]タブで[アスペクト比をロックする]オプションをオンにします。これにより、透かしを引き伸ばすことなく、透かしのサイズを自由に調整できます。