養蜂場を開始するための助成金

ミツバチは不可欠であり、新しい養蜂場への助成金は、巣箱開発の拡大を促進し、利益率の低い事業に切望されている資本を注入するために一般的になりつつあります。ミツバチは蜂蜜の生産には重要ですが、作物の生産にも不可欠です。したがって、影響を受けるのは蜂蜜とワックスの利益だけではないかもしれません。

養蜂家の重要性

養蜂家の中には、蜂蜜の生産に専念する人もいれば、花粉交配者を育てる人もいます。花粉交配者は農業業界で重要です。作物に受粉するミツバチがいなければ、収穫量は大幅に減少します。場合によっては、ミツバチがいなくても、通常の収穫量の半分未満しか達成できません。

養蜂家は静止している場合もあれば、作物の季節を追いかけて国を旅行する場合もあります。移動式養蜂家は巣箱を作り、ミツバチをトラックで輸送し、作物の上に設置します。養蜂家は、中西部の大豆に移る前に、カリフォルニアでアーモンドの収穫を行うかもしれません。事業は一年中運営されており、農家は養蜂家に支払いをして、この重要な共依存関係の終焉を維持しています。

養蜂の世界では、蜂群崩壊症候群(CCD)で重大な問題が発生しています。CCDはコロニー全体を死滅させ、養蜂家を困難な財政状態に置きます。

養蜂場と農場の助成金

一般的な農場および農村開発助成金は、意欲的で確立された養蜂家に利用できます。これらの多くは養蜂場を明示的に意図したものではなく、さまざまな用途に利用できます。ただし、ミツバチは家畜に分類されており、さまざまな助成プログラムの対象となります。

ファーマーズマーケットプロモーションプログラムは、5,000ドルから10,000ドルの実質的な助成金の機会です。あなたはそれらの資金を養蜂場に適用することができます。この助成金は、地元のファーマーズマーケットや協同組合の食品プ​​ログラムを通じて販売する蜂蜜生産者により適しています。

米国農務省(USDA)も、Rural Business EnterpriseGrantで素晴らしい機会を提供しています。この大規模な助成金は10,000ドルから500,000ドルの範囲であり、企業の従業員は50人未満、年間収益は100万ドル未満でなければならないという規定があります。これは、養蜂場設備に投資したい中小企業への完璧な助成金として機能します。この種の資金で大規模な養蜂事業を構築することができます。

定期的な助成金とローカルプログラムを探す

Rural Income Opportunity Grantは毎年資金が提供されていませんが、分配される資金は多くの場合5〜6桁の範囲です。この断続的に資金提供されるプログラムのステータスを毎年確認して、適格性を判断してください。

また、農村開発、家畜、農場プログラムに焦点を当てた、州または市町村が後援するプログラムを探してください。農業の世界を超えて拡大し、民間および連邦政府が資金提供する一般的な中小企業の助成金を申請することは、養蜂場への助成金を通じて追加の資本を確保するのに役立ちます。

助成金を検索して申請する

USDAおよび農場固有の助成プログラムを調査した後、Grants.gov Webサイトを検索するか、無料の助成プログラム検索エンジンの1つを使用してください。機会のデータベースを構築し、締め切りと年間申請を追跡します。

助成金申請書の作成には時間がかかります。養蜂場の資金を確保するには、申請書を最大限に完成させる必要があります。編集者を使用してエッセイを校正し、高価値の助成プログラムを支援するためにプロの助成金ライターを雇うことを検討してください。より大きな助成金の1つを取得した場合、外部支援への投資はしばらくの間価値があります。

ミツバチを飼育する養蜂場の建設には費用がかかります。助成金プログラムは、プロジェクトを完了するために必要な原材料と労働力の資金を支援することができます。