Outlookでグループカレンダーを作成する方法

Microsoft Outlook 2013以降のバージョンを使用していて、Microsoft Exchange Serverアカウントを持っている場合は、自分と同僚または従業員が表示できるグループカレンダーを簡単に作成できます。グループカレンダーには、各視聴者が全員のスケジュールとともに結合された日付を表示できるという大きな利点があります。そうすれば、会議やアクティビティの予約などのタスクを完了するのがはるかに簡単になります。連絡先リストまたはアドレス帳のすべてのメンバーを、カレンダーまたはカレンダーのグループを共有するグループメンバーに追加できます。グループカレンダーを使用すると、会社の集合的な活動やイベントがすべての従業員や同僚の個々のスケジュールと同期するようにすることで、中小企業のビジネススケジュールを合理化できます。

  1. Outlookを開く

  2. まず、コンピューターでMicrosoft Office Outlookを開き、[カレンダー]タブをクリックします。ナビゲーションバーで見つけてください。

  3. カレンダーオプションの管理

  4. [カレンダー]タブを開いたら、リボンの[ホーム]タブをクリックします。[カレンダーの管理]グループの[カレンダーグループ]というラベルの付いたボタンをクリックします。オプションのリストが表示されます。

  5. 新しいカレンダーグループを作成する

  6. オプションのリストから、「Create NewCalendarGroup」というラベルの付いたものを選択します。これにより、グループカレンダーの特性を決定できるダイアログボックスが開きます。

  7. 名前グループ

  8. カレンダーグループの名前を入力できるフィールドが表示されます。そのフィールドにカレンダーグループの適切な名前を入力します。終了したら、[OK]をクリックします。その結果、[新しいカレンダーグループの作成]ダイアログボックスが閉じます。新しいダイアログボックスが開きます:「名前の選択:連絡先」ダイアログボックス。

  9. グループメンバーを選択

  10. [名前の選択:連絡先]ダイアログボックスが開いたら、連絡先リストまたはアドレス帳をクリックします。ここで、グループに含めるすべての連絡先の名前を選択できます。グループにはいくつでもメンバーを追加できるので、人数を気にする必要はありません。ただし、確かに、グループのメンバーが多いほど、カレンダーが乱雑に見える可能性が高くなります。含める連絡先名の選択が完了したら、[グループメンバー]というラベルの付いたボタンをクリックして、これらの名前を[グループメンバー]ボックスに追加します。必要に応じて、グループに追加する名前を直接入力するか、検索ボックスでそれらを参照することもできます。終了したら、「グループメンバー」というラベルの付いたボタンをクリックします。

  11. [OK]をクリックします

  12. 完了したら、[OK]をクリックすると、[名前の選択:連絡先]ダイアログボックスが閉じます。各メンバーの名前がカレンダーの上部に表示されます。カレンダーツールリボンが[予定]タブとともに表示されます。カレンダーグループ自体がフォルダペインに表示されます。

  13. ヒント

    表示されているカレンダーをグループに保存する場合は、[ホーム]タブの[カレンダーの管理]グループにある[カレンダーグループ]というラベルの付いたボタンをクリックするだけです。[新しいカレンダーグループとして保存]というラベルの付いたオプションをクリックして[新しいカレンダーグループの作成]ボックスを開き、フィールドにカレンダーグループの名前を入力します。[OK]をクリックすると、ダイアログボックスが閉じます。

    カレンダーグループを削除する場合は、[フォルダ]ペインでカレンダーグループを右クリックするだけで、オプションのリストが表示されます。「グループの削除」を選択します。